スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡良瀬遊水池のヨシ焼き 2017

本日18日、予定通り遊水地のヨシ焼きが実施された。 晴天で絶好のコンディションだ。
6時頃から近隣自治会が開催する「おもてなし」ブースの設営準備をお手伝いし、
8時からは小山市が企画し、JTBが主催したツアー参加者へのガイド活動を行った。
家族連れの参加者を、大型望遠レンズが列をなす堤を歩きながら、遊水池の話や
ヨシ焼きの説明を行って、火入れ式会場に案内した。
今年のヨシ焼きは、直前の降雨が無かったため乾燥していて、火の入りが非常に良かった。
「本州最大級のたき火」は、8時半の火入れから大きな炎が遊水地全体に拡がっていった。
ツアー参加者も、炎の大きさと、火の拡がりに驚き、感激されていた。
火が拡がるにつれ黒い煙が上空を覆い、太陽も直視できるくらいに光が遮られていて
火が目前に有るのに会場全体の気温が一気に下がって寒くなった。

 2018ヨシ焼き① 2018ヨシ焼き②
 2018ヨシ焼き⑤ 2018ヨシ焼き⑥

火入れから約2時間で大きな炎は収まり、真っ黒な焼け跡が目前に拡がっていた。 
堤の菜の花の色とは対照的だ。 また、地面が温かいのか、時よりあちこちで
つむじ風が発生して煙や黒い灰が舞い上がる。

 ヨシ焼き③ ヨシ焼き➃
 2018ヨシ焼き⑦ 2018ヨシ焼き⑧

10時半頃から、「おもてなし」ブースの片付けと撤収ををお手伝いした。
ヨシ焼きは夕方5時頃までの自然鎮火を待って終了する。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。