スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュウヒ探鳥会

予約していた新年恒例の市主催のチュウヒ探鳥会に参加した。 30名近い参加者。
早朝5時15分に市役所に集合し、バスで遊水地第一調整地に移動した。
6時過ぎから調整地内でチュウヒのヨシ原からの飛び立ちを待ち構えた。 
気温は氷点下4~5度か。 手袋はしているが指先がかじかんでいて双眼鏡の
ピント合わせも辛い。 狙っているズームレンズのフードにもうっすら霜が浮いている。
東の空がうっすら明るくなってきた6時40分過ぎに最初の飛び立ちが確認された。
暫くして真っ赤な朝日が東の筑波山の右側から上がってきた。
チュウヒ飛び立ち 遊水池の朝日

7時15分くらいまでに10羽ほどの飛び立ちが確認出来た。
そのあと第二調整地に移動し、さくら堤からの眺望と探鳥を行った。
風も無く、素晴らしい晴天で真っ白な富士山や八ヶ岳、浅間山、北に日光白根が俯瞰出来た。
遊水池の樹林を双眼鏡で探っていると、1本の樹に3種の鳥が留まっている。
ミサゴとカラス

距離があり、右の黒いのは明らかにカラスと判るが、左上のは僅かに頭部に白い部分が
有るように見える。ミサゴ?かノスリか。 それと左下に小さな薄茶の鳥が。 色合い的には
モズだが少し大きすぎる。 シメ辺りかな?

市が用意したコーヒーを飲みながら、広々とした遊水地を味わうのはまた格別だ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。