スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかのカミさんの怪我

大晦日の昼過ぎに、自宅2階のベランダに布団を取り込みに行ったカミさんが転倒。
転倒の際に壁に膝を打付けたようで起き上がれず、持っていた携帯で連絡して来た。
慌てて2階に駆け上がってベランダに行くと、痛みで顔が歪んでいた。
今朝の冷え込みで張った氷が残っていて、それに足を取られたとのこと。
何とか抱き起こして部屋に入り、膝周辺を見ると腫れていた。 取敢えず痛み止めにと
シップを貼って安静にさせた。
暫くして息子が孫娘を連れて来訪。 孫娘の顔を見てカミさんの顔もほころんだが痛みは
相変わらず。 歩く事が全く出来ない。 これはちょっとまずいかもと思い、市の夜間休日
急患診療所に電話して事情を話したところ、丁度16時から整形外科の医者が担当で来る
からと受け入れてもらった。
診療所に行くと大晦日という事もあり混雑しており40分程待たされた。
診療が始まり医者から腫れの状態が良くないと言われたが、夜間診療所では検査が出来
無いが、これまた幸運なことに隣接する市民病院の夜間当直が整形外科医で、紹介状を
書くからそちらで精密検査をして下さいという事となり、紹介状を持って車椅子で隣の
市民病院夜間外来に向かった。
夜間外来でのレントゲン検査の結果、左膝半月板の骨折と診断された。 手術する程では
無いが、膝を装具で固定し暫く安静にすることが必要との指示。
膝を伸ばすのも苦痛だったが装具の固定に必死で痛みに耐えていた。
装具で膝を固定し、足を棒状にして踵で歩くようにと言われたが、無理の様だったので
松葉杖を借りることにした。 痛みで車に乗るのも一苦労、また慣れない松葉杖での歩行も
おぼつかず、駐車場から玄関までの10mを5分以上掛かる状態。
暫くこの痛みは続くとの事で、家事もままならないので来年の正月三が日の予定はすべて
取り止めることとした。  しょうがない、正月はカミさんの介護だぁ~。

カミさん怪我


 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。