スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生井桜まつりとコウノトリ

21日(土)、遊水地隣接の生井地区で桜まつりが行われ、ガイド協会も遊水地PRのため展示エリアを作り参加。
まつりは市長をはじめ、衆議院議員、県議会議員並びに国交省幹部などが臨席し開会した。
好天に恵まれ、また遊水地には珍しく風が弱く絶好のまつり日和となった。
開会式が終わり、来賓客が引き上げた直後、第二調節池に設置された人工巣塔にコウノトリ「ひかる」が
飛来したのを発見。 役所の担当課長がコウノトリの飛来を別の催しに向かっていた市長に連絡したら、
急遽が戻ってくることになったので、急遽用意していたフィールドスコープをなるべく人工巣塔に近い位置
(それでも距離は200m位有る)に設置して市長の到着を待った。 15分ほどして到着。 すぐにスコープを
覗いて巣塔上にいる「ひかる」を確認し感激していた。 実は過去からコウノトリの遊水地への飛来は確認のつど
市長に報告されているが、遊水地に飛来した実物の姿を見たのは今回が初めてだとの事で非常に感激していた。
私も何度も握手された。 コウノトリの野生復帰がスローガンの市長にとって今日は特別の日になったと思う。
 市長① 市長②
 コウノトリ「ひかる」

市長対応が一段落し、PRコーナーに戻って訪れたお客様対応。 その傍ら会場近くの堤上にスコープを
設置し、巣塔周辺を行き来する「ひかる」を一般のお客様にも眺めてもらった。
好天だったがこの時期としては異常に高い気温(30度)で午後になるとすこし怠さが出てきた。
15時前に祭りが終わり後片付けして帰路についたが、熱気のため無性にビール系を欲しくなったので
途中コンビニに寄って、ノンアルビールを一気飲みしてスッキリした。
 いやぁー、美味かった


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。