スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本三大美肌の湯

県内中央部、さくら市に日本三大美肌の湯と呼ばれる「喜連川(きつれがわ)温泉」が有る。
栃木県は鬼怒川や塩原、那須など昔から温泉が多いことで知られるが、この温泉は比較的新しい温泉だ。
湧出から36年ほどだが、その泉質(ナトリウム塩化物泉)の良さから佐賀・嬉野温泉、島根・斐乃上温泉と
ともに「日本三大美肌の湯」と呼ばれている。 JR東日本が近郊に、独自源泉を掘って温泉が引き込める
住宅地として大規模開発も行っている。

県内に多くの日帰り温泉が有るが、最近はほとんど喜連川の市営施設「ゆもと」に通っている。
今日も台風18号の余波で天気は愚図ついてるが、この一週間がいつもより慌ただしかったので
リラックスしに入りにきた。 この施設の良さは泉質も有るが安い。 300円ポッキリで銭湯より安い。
 喜連川温泉「ゆもと」

近くに「道の駅 喜連川」が有り、そこにも日帰り温泉が有るが500円。 観光地料金でチョット高い。 
地元のおじさん、おばさんが多く、ローカルな話を聞きながら湯舟に浸かっていると気が休まる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。