結構積もった雪

22日午後から降り始めた雪は、夕方には10cmを超え本格的な降雪となった。午前2時前には止んだが結果的に25cm以上積もった。 孫達の登校時間も2時間遅らせての出発。 昨日迎えに行った娘を勤め先に乗せて行ったが、道路にはまだまだ雪が残っていてあちこちで渋滞して倍くらいの時間が掛かった。帰ってきて10時過ぎから屋根に上がって太陽光パネルの雪を払った。 25cm以上有るが結構パサパサな雪で重くない。 ...

続きを読む

ガイド協会設立記念研修会

保留になっていた協会設立記念研修会が午前中に実施された。 本来なら昨年10月に予定していた設立総会(台風の影響で中止)当日の実施だったが延びのびになっていた。本日も関東地方に大雪が予報され開催が危ぶまれたが、午後からの降雪という事で実施出来た。テーマは「渡良瀬遊水地と昆虫」という事で講師に「とちぎ昆虫愛好会」の大川秀雄先生にお願いした。 最新に遊水地における昆虫事情を中心に、絶滅危惧種などを紹介頂...

続きを読む

チュウヒ撮影

22日の記念研修会で使用する資料を購入に渡良瀬遊水地第一調整池の活動センターに行った。近くの公園をカミさんと鳥を見るために散策していると、シメやジョウビタキ、ベニマシコやホオジロが見られた。 時間が15時半頃になったので、先日早朝に飛立ちを見た場所で塒に帰ってくるチュウヒを待ってみた。 周辺に望遠レンズを構えたカメラマンが10名位入っていた。16時少し前から徐々に戻って来た。 夕日がチュウヒの体に...

続きを読む

市内中学校にて

市内の中学校で、渡良瀬遊水地についての事前説明会を実施した。 来週現地見学が予定されていてそれに先立っての説明会だ。 体育館に生徒110名が集まり、概要、文化、歴史、ラムサール条約などをガイド3人で手分けして約1時間説明を実施した。 正月明けから3人でテーマ分けを行い、夫々の時間配分でのプレゼン資料を作成。 それを1本に纏めて持ち込んだ。内容が広範囲なので理解出来たかは判らないが、ほぼ時間通りで実...

続きを読む

チュウヒ観察と市民フォーラム参加

市が募集したチュウヒ飛立ち観察会に参加した。 チュウヒは鷹の種で、環境省の絶滅危惧種に登録された猛禽類だ。 冬鳥で国内に100羽程度渡って来るうちの30~40羽が渡良瀬遊水地のヨシ原にねぐらを作る。 渡良瀬遊水地における冬のシンボルだ。朝5時に市役所に集合し、バスで遊水地の第一調整池に移動し、ヨシ原からのチュウヒの飛立ちを観察する。 気温は氷点下6~7℃位か、指先がヒシヒシと痛む。 レンズフードに...

続きを読む

田中正造ゆかりの地を訪ねて

今年最初のボランティアガイド月例は「田中正造ゆかりの地を訪ねて」と題して隣の佐野市を訪問した。渡良瀬遊水地が100年以上前に遊水地化される一因は、渡良瀬川上流にあった足尾銅山による鉱毒排出が下流域に幾度となく甚大な被害を及ぼした日本の公害の原点と言われる足尾銅山鉱毒事件だ。その鉱毒拡散を食い止める対策として時の政府により遊水池化計画があり、その過程で鉱毒問題の天皇への直訴(失敗)や、遊水地化のため...

続きを読む

孫の冬休み体験(お弁当作り)

小学2年の孫達、冬休みの課題に「お弁当つくり」があった。 食材の種類を知るや調理体験が目的だ。我が家のキッチンを使って挑戦した。 滞在中の孫娘の分を含めて3人分を作ることにした。どんなお弁当にするかを考え、必要な食材をメモしスーパーに買い出し。野菜を洗ったり、ピーラーを使って皮剥き。 包丁でカットなど怪我をしないよう見守りながら体験した。野菜をいためて卵と和えたりと火を使う(IHだけど)ことも自分達...

続きを読む

平成30年正月

平成30年が明けた。 昨年の正月はカミさんの怪我で寂しい年明けだったが今年は例年通りの賑わいだった。 年明けはいつものように地元氏神様での初詣。 境内での福引は2年ぶりの「福の手」(熊手)お神酒をもらって火で体を温めて帰宅。午前中に例年通り都内・小石川に移動し、息子宅で嫁さん実家の父上も合流して新年の祝い。 午後は息子と孫娘を連れて小山に移動。夜は新潟の実家から帰ってきた娘夫婦・孫も合流してすき焼...

続きを読む